ロゴ
HOME>Column>船の操縦には船舶免許が必要!船舶免許を取得するための基礎知識

船の操縦には船舶免許が必要!船舶免許を取得するための基礎知識

男性と車

船舶免許の種類

船にはいくつかの種類がありますが、個人でも所有して運転できる船があります。でも自由に買って自由に運転できるわけではなく、まずは船舶免許を取得する必要があります。まずは一級小型船舶操縦士の資格で、航行区域に関しては制限がありません。総トン数20トン未満などの船の操縦が可能になります。ちょっとした漁船なども操縦ができます。次に二級小型船舶操縦士があり、こちらは海岸から5海里以内しか航行できません。操縦できる船は一級とほぼ同じです。海のレジャーとして水上オートバイがあります。こちらを利用するにも資格が必要で、特殊小型船舶操縦士を取れば操縦ができます。釣りなら一級があると便利ですし、スピード感を味わうなら特殊を取ると良いでしょう。

自動車

船舶免許を取得する方法と費用

船舶免許を取得するには試験を受ける必要があります。自動車の運転免許に近くて、特定の期間で実技と学科の試験を受けて合格すれば取得できます。実技は技術を得る必要があるので、それなりの教習を受ける必要があるでしょう。通常は免許取得の学校を利用することが多いでしょう。料金は学校によって異なりますが、一級だと10万円から15万円ぐらい、二級は8万円ぐらい、特殊は5万円ぐらいのところが多いです。その他にもいくつかのコースが用意されています。二級を持っている人が一級を取得したいときは、ステップアップコースなどを利用します。3万から5万円ぐらいで受けられます。水のあるところでの教習になるので、通いやすいところを選ぶと良いでしょう。